Ruby on Rails チュートリアルをやってみた【第2章】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第2章の実績

第2章 Toyアプリケーション を実施しました!
実施時間: 1.5時間

学べたこと

  • 簡単にRESTアプリケーションの作成方法
  • scaffoldの強力さ!
    • データモデル、関連性や制約の定義が簡単にできる。
      関連性:あるモデルに属する、複数のモデルをもつといったことを直感的に定義出来る。
      制約:必須入力や、文字数制限を簡単に記述出来る。
    • DBの生成もコマンド(rails db:migrate)を一つ流すだけで出来てしまう。

単純な例ではありましたが、非常に簡単にCRUD定義が出来るscaffoldはとても強力なツールだと感じました。これが標準でrailsに含まれているのは大変便利!

独自にやったこと

Heroku環境で、「rails db:migrate」を自動で流れるようにした

経緯

Herokuというクラウド環境(チュートリアル上では擬似的に本番環境として扱っている)にアプリケーションをデプロイしています。今回作成したアプリを動かすためには、DBを生成するための「rails db:migrate」というコマンドを実行する必要がありますが、それを一々叩くのは忘れがちですし、なにより面倒です。

そこで、Herokuにプレインストールされている”foreman”というツールの機能を用いて、自動でこのコマンドを実行させるようにしました。

手順

以下のProcfileというファイルをプッシュしましょう。やることはこれだけです!

格納先はルートディレクトリ(リポジトリの最上位)、

ファイル名はProcfile、

記述するコマンドの形式は、(プロトコル名称): (実行したいコマンド)です。

左側は任意の名前でいいそうです(ただし、”web”という名前だけは特別な意味を持つそうなのでそれ意外で)。私は上記の通り、releaseという名前にしました。

右側が実行したいコマンドで、今回の場合では「rails db:migrate」です。(※もしrailsのバージョン4以前の場合は、このコマンドを「bundle exec rake db:migrate」とする必要があります)

このファイルを置いておくだけで、Herokuにデプロイするだけで、同時にDBのmigrateも自動で行われます。

参考

環境

  • ruby: 2.3.3
  • ruby on rails: 5.1.4
  • OS: Windows 10 (64bit)
  • IDE: IntelliJ ULTIMATE 2018.1
  • リポジトリ: GitHub

リンク

【スポンサードリンク】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。