Oracleの権限テーブル(DBA_TAB_PRIVS)のバージョン差異

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

oracle DBでは、権限テーブルをDBA_TAB_PRIVS(USER_TAB_PRIVSも同様)で確認できるが、バージョン11g→12cで列追加の変更があった。しかし、公式でそのことを明記しているのが見つからなかったため、ここに残します。

(愚痴。oracleさんには、「この列は○○バージョンから追加されました」的なドキュメントにしてもらいたいものです。)

テーブル列定義

11g→12cでの変更箇所を明示します。

11gの内容は取り消し線で示し、12cの変更箇所は太字で示しています。

データ型 NULL 説明
GRANTEE VARCHAR2(30)

VARCHAR2(128)

NOT NULL

無し

アクセス権を付与されたユーザーまたはロールの名前
OWNER VARCHAR2(30)

VARCHAR2(128)

NOT NULL

無し

オブジェクトの所有者
TABLE_NAME VARCHAR2(30)

VARCHAR2(128)

NOT NULL

無し

オブジェクト名。オブジェクトには、表、パッケージ、索引、順序など、任意のオブジェクトを設定できる。
GRANTOR VARCHAR2(30)

VARCHAR2(128)

NOT NULL

無し

権限付与を実行したユーザー名
PRIVILEGE VARCHAR2(40) NOT NULL

無し

オブジェクトについての権限
GRANTABLE VARCHAR2(3) 権限がGRANT OPTION付きで付与されたか(YES)されていないか(NO)
HIERARCHY VARCHAR2(3) 権限がHIERARCHY OPTION付きで付与されたか(YES)されていないか(NO)
COMMON VARCHAR2(3) 12cより追加となった列

権限がどのように付与されたかを示します。可能な値は次のとおり。

  • YES: 権限が共通して付与された場合(CONTAINER=ALLが使用された場合)
  • NO: 権限がローカルで付与された場合(CONTAINER=ALLが使用されなかった場合)
TYPE VARCHAR2(24) 12cより追加となった列

オブジェクトのタイプ

情報ソース

  • 11gでのDBA_TAB_PRIVSのテーブル定義
  • 12cでのDBA_TAB_PRIVSのテーブル定義
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。