GitHubにpushしようとしたら「error:1407742E:SSL」エラーが発生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事象

githubにpushしようとしたら以下のようなエラーが発生しました。ちなみにInteliJで操作しました。

Failed with error: unable to access ‘https://github.com/nisioka/RubyOnRailsTutorial.git/’: error:1407742E:SSL routines:SSL23_GET_SERVER_HELLO:tlsv1 alert protocol version

原因

以下のgithubのブログで報知されている通り、githubのセキュリティ向上のため、TLSのVersion1.0と1.1を無効にしたそうです。故に、TLSのVersion1.2に対応していないGitクライアントソフトを使用していると今回のようなエラーが発生してしまいます。

(補足)SSL/TLSについて。

これらはセキュリティのプロトコルで、古くからの風習で総称してSSLとして呼ばれることも多いです。バージョンとしては、{SSL1.0、SSL2.0、SSL3.0、TLS1.0、TLS1.1、TLS1.2}などがあります(右に行くほど新しい)。このうち、SSL系は重大な脆弱性が見つかっており、基本的に使用してはならないというのが通説です。TLS1.0や1.1も脆弱性が見つかっているのですが、それほど致命的でないので許容していることも多いです。ただもちろんTLS1.2にするのがセキュリティ上、より安全ではあります。

ですので、GitHubが今回の対策をとったのは意識の高さの現れであると言えます。

対策

使用しているGitクライアントソフトの最新版では、基本的にTLS1.2対応がなされているはずなので、バージョンアップをすれば解決されます。

手順1

最新のGitクライアントをインストールします。Windowsなら例えばこちらでよいと思います。使用しているクライアントが別であればそれの最新版をインストールしましょう。

手順2(InteliJを使用している場合)

InteliJにGitクライアントを教えてあげる必要があるかもしれません。

Settings>Version Controll>Gitに設定箇所があります。(最後のところはGitHubではないので選択誤りに注意。)ここの”Path to Git executable”に手順1でインストールまたはアップデートしたGitクライアントソフトのパスを指定します。ただし、多くの場合、以下の画像にある通り、”Auto-detected”と、自動で捜索してくれているので、それに間違いがないか確認すれば大丈夫です。

結論

TLS1.2に対応したGitクライアントにすれば良いということでした。
InteliJからもそのGitクライアントのパスを指定させれば大丈夫です。(私の場合ですと、Railsインストーラによってそれに同梱されているGitが指定されていて、変更の必要を余儀なくされました。)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。